ご自身や同乗者の方への補償

補償の対象となるお車に搭乗中の人(運転者を含みます)が死傷した場合に補償します。

<自動セット>人身傷害保険

治療費だけでなく、生活費、また退院後の費用も心配・・・

ご契約のお車に搭乗中の方が自動車事故で死傷されたことによって発生する損害(死亡による葬儀費、死亡や後遺障害による逸失利益・精神的損害・その他実費、後遺障害による将来の介護料、傷害による医療費・休業損害・精神的損害、損害防止費用、求償権保全費用)に対して、保険金をお支払いします。

「人身傷害の自動車事故特約」(保険証券に記載された被保険者が個人の場合に付帯が可能)を付帯することによって、保険証券に記載された被保険者(記名被保険者)とその配偶者・保険証券に記載された被保険者またはその配偶者の同居の親族や別居の未婚の子(結婚歴がある方は除く)が他の自動車(二輪車・原付を除く)に搭乗中や、歩行中の自動車との事故も補償の対象とすることができます。

(注)記名被保険者またはそのご家族が、人身傷害の自動車事故特約を付帯した自動車保険を既にご契約の場合、同じ特約を付帯すると補償に重複が生じることがありますのでご注意ください。

人身傷害保険は、事故の過失割合に関係なく保険金をお支払いできます。

約款で定められた基準に基づいて当社が算定した損害額を、保険金額の範囲内で過失割合に関係なくお支払いします。

<自動セット>搭乗者傷害保険

事故によるケガの治療に対して急な出費が必要に・・・

ご契約のお車に搭乗中の方が自動車事故で死傷されたとき、ご契約金額に基づいて保険金(死亡保険金、後遺障害保険金、医療保険金)をお支払いします。医療保険金は、おケガの部位・症状に応じて、あらかじめ設定された金額を保険金としてお支払いする「部位・症状別払方式」ですので、治癒を待つことなくスピーディーに保険金をお受取りいただけます。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険はどう違うの?

「人身傷害保険」は、発生する損害に対してお支払いするのに対し、「搭乗者傷害保険」はあらかじめ設定された金額をお支払いするという点で異なります。
もっと詳しく

<自動セット>自損事故傷害特約

自損事故でケガをしてしまった・・・

ご契約のお車が電柱に衝突したり、崖から転落するなどの自損事故によって、運転者や同乗者が死傷されたり、後遺障害を被ったことによって発生する損害に対して、自賠責保険などの補償が受けられないときに保険金(死亡保険金、後遺障害保険金、介護費用保険金、医療保険金)をお支払いします。

人身傷害保険によって保険金が支払われる場合を除きます。

<自動セット>無保険車事故傷害特約

相手自動車が保険に加入していないため、十分に賠償が受けられない・・・

ご契約のお車に搭乗中の方が自動車事故で死亡されたり、後遺障害を被ったことによって発生する損害について、法律上の損害賠償を請求できる場合であっても、「加害自動車が無保険である」などを理由として十分な補償が受けられないときの損害(損害防止費用、求償権保全費用を含む)に対して、保険金をお支払いします。

  • 保険証券に記載された被保険者(記名被保険者)やそのご家族については、ご契約のお車に乗車中以外の自動車事故も補償の対象となります。
  • 人身傷害保険によって保険金が支払われない場合、または人身傷害保険によって支払われるべき保険金の額がこの特約によって支払われるべき保険金の額を下回る場合に限り適用される特約です。

補償の対象外特約について

「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」の補償については、それぞれ「人身傷害対象外特約」「搭乗者傷害対象外特約」を付帯することによって、補償を対象外にすることができます。
ただし、 「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」を同時に対象外にすることはできません。

スムースな事故解決のために

事故の相手への補償

大切なお車への補償も充実

お車への補償

さっそく検討してみたいというお客さまは、まずはオンラインお見積りから そのままお申込みもできます

<新規でご加入のお客さまは>インターネットからのお申込みで3,500円割引/さらに、証券を発行しないと500円割引

オンラインお見積り お申込み

マイカー保険:ご自身や同乗者の方への補償TOP

セコム損保がご提供する火災保険

オール電化、ホームセキュリティの導入などで、保険料がお安くなる火災保険です。

セコム損保がご提供するがん保険

入院治療費が実質自己負担0円に。通院は5年ごとに1,000万円まで。かかったがん治療費を補償するがん保険です。

乳がんをご経験された女性のためのがん保険です。乳がんの再発・転移や、他のがんにかかった場合も、あなたをしっかり支えます。