ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

中期事業計画

セコム損害保険 中期事業計画 2020-2022

経営ビジョン セコムグループの経営理念「社会に有益な事業を行い、社業を通じて社会に貢献する」を基本軸として、「セコムグループ一体で保険を通じて社会に安心を提供する」というミッションの達成に向けて邁進します。
行動指針
  • 私たちは、最適・最良の商品・サービスを提供することで、お客さまのニーズに応えます。
  • 私たちは、礼節と責任をもって誠実に対応することで、お客さまの信頼に応えます。
  • 私たちは、タイムリー・スピーディに、かつ正しさを追求して行動することで、お客さまの期待に応えます。
中期経営目標
  • 急激に進む環境変化にしなやかに対応しつつ、セコムグループの損害保険会社としての存在感をより一層高めます。
  • 安定的な収益確保を維持し、バランスを考慮した持続的成長を目指します。
目標達成のための
主要施策
  • 1.事業ポートフォリオの再構築
    ~自然災害に関するリスクを適切にコントロールして火災保険の収益改善を図り、メディコム・自動車保険等と合わせて種目間のバランスを考慮した成長を目指します~
    • 商品ポートフォリオの見直し(種目間のバランス見直し)
    • 火災保険の収益性向上とセコムグループとしてふさわしい商品の開発
    •  
  • 2.人材育成と組織の活性化
    ~環境変化に柔軟に対応できる人材育成と、組織の活性化に向けた施策を実施します~
    • 社員満足度を高めるための施策の検討
    • 研修制度の進化・充実
    • 当社にとってふさわしい評価制度の検討
    • 働きやすい環境の整備
    •  
  • 3.良質なサービスの提供
    ~業務品質のより一層の向上とコンプライアンス強化を進め、良質なサービスを提供し、お客さま・代理店の満足度を高めます~
    • お客さまの声をよりスピーディーにかつ的確に業務品質向上に結びつける仕組みの構築
    • 「業務品質統括部」の新設による推進体制の強化
    • 新損害サービスシステム稼働による保険金支払いに関するサービスの向上
    •  
  • 4.ERM経営の推進
    ~当社にとってのERMの最適水準を目指し、ERMの経営への活用を一層推進します~
    • レジリエントで持続可能な取り組みが可能となるようなリスクカルチャーの醸成と態勢高度化