ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

中期事業計画

セコム損害保険 中期事業計画 2017-2019

経営ビジョン セコムグループの経営理念「社会に有益な事業を行い、社業を通じて社会に貢献する」を基本軸として、「セコムグループ一体で保険を通じて社会に安心を提供する」というミッションの達成に向けて邁進します。
行動指針
  • 私たちは、最適・最良の商品・サービスを提供することで、お客さまのニーズに応えます。
  • 私たちは、礼節と責任をもって誠実に対応することで、お客さまの信頼に応えます。
  • 私たちは、タイムリー・スピーディに、かつ正しさを追求して行動することで、お客さまの期待に応えます。
中期経営目標 経営にERMを活用することが重要であるとの認識に立ち、資本・リスク・リターンのバランスを考慮したリスク選好のもと、持続的な成長・安定的な収益の確保を維持し、より一層の飛躍をするための基盤を作り上げます。
目標達成のための重点課題(目指す姿)
  • プロ代理店・金融機関代理店・来店型代理店・一般代理店・セコム関連代理店・コールセンター等の各チャネルの特性に応じた施策を実施し総合力を高めます。
  • セコムマーケットにおける保険付帯率の一層の向上を図ります。
  • 損害サービス・営業・事務部門が顧客本位の良質なサービスを提供し、お客様・代理店の満足度を高めます。
  • 社会・時代のニーズを的確にとらえセコムグループらしい特色のある商品を提供します。
  • ITの活用・業務集約化・無駄の排除などにより効率化・適正化を進めるとともに、従業員の働きに応えられる会社を目指します。
経営数値目標 コンバインドレシオ(※1) 93%以下・修正ROE(※2) 7%以上を目標とし、元受正味収入保険料(積立除く)増収率10%を目指します。
※1 アーンドベーシス ※2 準備金等を勘案したROE