ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

トップメッセージ

トップメッセージ

2020年6月24日付で代表取締役社長に就任いたしました中村毅でございます。

 皆さまには平素よりセコム損害保険をお引き立ていただき厚く御礼申し上げます。また、新型コロナウイルスの感染症拡大により様々な影響を受けられている皆さま、度重なる自然災害により被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。

 今年の春は外出の自粛が求められ、卒業式や入学式、入社式といった節目の行事が中止になるなど、誰もが予想もしていなかった事態に、日本のみならず世界中が直面いたしました。このような中、“信頼される安心を、社会へ。”をコーポレートメッセージとして掲げるセコムグループの一員として常に皆さまに寄り添い、損害保険事業を通じて「安心・安全・快適・便利」な商品やサービスをご提供するという責務をこれまで以上に強く感じております。

 さて、1950年に東洋火災海上保険として誕生した当社は今年で創業70年を迎え、セコムグループの一員となってから20年以上が経ちました。この間「セコムの緊急対処員が事故現場に駆けつける現場急行サービス付の自動車保険」や「セキュリティシステムの導入により保険料が割引となる火災保険」など、「安全・安心」のサービスのパイオニアであるセコムの強みと当社が創業時から培ってきた損害保険会社としての経験・実績を融合させた商品や、「治療費の実額を補償する新しいコンセプトのがん保険」などを開発・ご提供してまいりました。今後も当社のオリジナリティあふれる商品をより多くのお客さまにお届けできるよう、事業基盤の強化へ注力してまいります。

 また、今年は新しい中期事業計画(2020-2022)の初年度にあたります。感染症などのパンデミックや自然災害のリスクが高まる一方で、医療技術の進歩やITの発展により当社を取り巻く事業環境はこれまでに経験したことのないスピードで変化しており、このような時代にしなやかに対応すべく施策を打ち立てました。お客さまの「ニーズ・信頼・期待」に応えられる保険会社として存在感を高めることができるよう、経営理念である「社会に有益な事業を行い、社業を通じて社会に貢献する」を軸に据え、目標達成のために取り組んでまいります。

 どのような状況においても社会に安心を提供し、よりよい社会生活の発展に寄与する商品・サービスの開発や販売チャネルの開拓に努め、お客さまから信頼され選ばれる損害保険会社となるよう尽力していく所存です。

 今後とも、一層のご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

トップメッセージ
セコム損害保険株式会社
代表取締役社長 中村 毅
セコム損害保険株式会社
代表取締役社長 中村 毅