「セコム安心マイホーム保険」全般について

ご質問一覧

「セコム安心マイホーム保険」について

用語について

家財について

建物について

保険金額の設定について

「セコム安心マイホーム保険」について

「セコム安心マイホーム保険」の特長は何ですか?

「セコム安心マイホーム保険」の特長は以下の通りです。

  1. 1.ご希望の補償範囲に合わせてプランを選択できます。
  2. 2.特約を自由に選択することができます。
  3. 3.各種割引が充実しています。
  4. 4.基本補償に免責金額を設定することができます。

セコム損保の4つの特長

「セコム安心マイホーム保険」の対象は何ですか?

住居のみに使用される「建物」とそれに収容される「家財」です。

  • 門、塀などの付属設備は建物に含めて契約していただくことで補償の対象とすることができます。

ご注意下さい

下記いずれかに該当する物件は、当サイトでのオンラインお見積りの対象外です。お見積りをご希望の場合は、お近くの当社事業所までご連絡ください。

マンション等の1棟全体/法人所有建物/賃貸物件/店舗併用住宅/別荘・空家/事務所

【例外】オンラインお見積りの対象となる場合

「セコム安心マイホーム保険」は損害保険料の控除対象になりますか?

平成18年の税制改正で損害保険料控除が廃止されたため、「セコム安心マイホーム保険」は控除対象にはなりません。
ただし、平成19年より「地震保険料控除」が実施されておりますので、「セコム安心マイホーム保険」へのご加入と合わせて、「地震保険」にもご加入いただいた場合は、「地震保険」の保険料が地震保険料控除の対象となります。

「セコム安心マイホーム保険」は、地震による火災を補償しますか?

補償いたしません。(地震火災費用保険金補償特約をセットされた場合は、一定の要件に該当する地震等を原因とする火災に対して保険金をお支払いします。)
地震等に対する補償には、地震保険への加入が必要です。

ご注意下さい

地震保険に加入していないと、地震による火災だけでなく、噴火や地震・噴火に伴う津波による損害や、これらによって火災が延焼・拡大したことにより生じた損害についても補償されません。

用語について

保険金額と保険金の違いは何ですか?

保険金額とは、保険の対象に対して設定する保険の契約金額のことで、万一の時に支払われる保険金の限度額(または基準額)のことをいい、保険金とは、保険の対象に損害が発生した場合に、保険会社から支払われるお金のことをいいます。

「免責金額」とは何ですか?

お支払いする保険金の計算にあたって、損害の額から差し引く金額をいいます。免責金額は被保険者の自己負担となります。
この免責金額を高く設定することで、その分保険料は割安となります。

「再調達価額」や「新価」とは何ですか?

どちらも、保険の対象と同一の構造、質、用途、規模、型、能力の物を再築または再取得するのに必要な金額をいいます。

「時価額」とは何ですか?

再調達価額(新価)から使用による消耗分(減価分)を差し引いた金額をいいます。

家財について

「家財」とはどのようなものをいいますか?

お客さまや同居のご親族が所有する生活用動産一式となります。(衣類・電化製品・家具など)

ご注意下さい

家財には再調達価額(新価)ではなく市場流通価額基準での補償となるものや、ご契約前のご明記を必要とするものがございますので、下表をご確認ください。
なお、明記を必要とする家財を保険の対象とする場合は、お客さまに対象をリストアップしていただく必要がございますので、ご契約前に、ご対応させていただく当社または取扱代理店まで必ずお申し出ください。

明記を必要とする家財は、地震保険の対象とすることができませんのであらかじめご了承ください。

※左右に動かすことで、スライドさせることができます。

保険の対象 評価の基準 明記の要・否 お支払いする保険金の額
(保険金額が限度)
地震保険
(1)貴金属等
(貴金属・宝玉および宝石ならびに書画・骨董(とう)・彫刻物その他の美術品)
1個または1組の価額が30万円以下のもの 市場
流通
価額
不要 損害額-免責金額 対象
1個または1組の価額が30万円を超えるもの 市場
流通
価額
必要 損害額-免責金額
うっかり、明記が漏れていた場合でも、30万円を限度に補償します。※
対象外
(2)明記物件
(稿本・設計書・図案・証書・帳簿その他これらに類するもの)
市場
流通
価額
必要 損害額-免責金額
明記されていない場合は、保険の対象に含まれません。
対象外
(3)上記以外の家財 新価 不要 損害額-免責金額 対象
  • 明記されていても、盗難による損害の場合は100万円を限度とします。
「契約前に明記が必要なもの(明記物件)」とはどのようなものをいいますか?

明記が必要な家財とは下記のとおりです。

  1. (1)1個または1組の価額が30万円を超える貴金属・宝玉および宝石ならびに書画・骨董(とう)・彫刻物その他の美術品
  2. (2)稿本・設計書・図案・証書・帳簿その他これらに類するもの
  • (1)については、うっかり明記が漏れていた場合でも、30万円を限度に補償します。また、明記されていたとしても、「盗難」による損害の場合は100万円が補償の限度額となります。
  • (2)については、明記されていない場合は補償の対象となりません。
  • 明記を必要とする家財を保険の対象とする場合は、お客さまに対象をリストアップしていただく必要がございますので、ご契約前に、ご対応させていただく当社または取扱代理店まで必ずお申し出ください。
    また、明記を必要とする家財は、地震保険の対象とすることができませんのであらかじめご了承ください。
「家財」を補償の対象として「セコム安心マイホーム保険」に加入した場合、高額なテレビ、ブランドバッグ、ピアノ(楽器)などは明記が必要ですか?

原則として明記は必要ありません。
ただし、骨董(とう)的・美術的価値が強く、代替性がない高額な楽器などは、ご契約前のご明記が必要となりますのでご注意ください。

  • 明記を必要とする家財を保険の対象とする場合は、お客さまに対象をリストアップしていただく必要がございますので、ご契約前に、ご対応させていただく当社または取扱代理店まで必ずお申し出ください。
    また、明記を必要とする家財は、地震保険の対象とすることができませんのであらかじめご了承ください。
明記はどのようにすればよいのですか?

ご契約前に、明記を必要とする家財をリストアップしていただくことになります。
明記方法などの詳細は、ご対応させていただく当社または取扱代理店までお問合せください。

「建物」のみを補償の対象として「セコム安心マイホーム保険」に加入した場合、「家財」に発生した損害はどんな補償が受けられますか?

補償は一切受けることができません。
家財の損害は想像以上に大きいものなので、「家財」に対しても「セコム安心マイホーム保険」の加入をおすすめいたします。

「家財」の保険金額はどのように決めればいいですか?

世帯主の方の年齢と家族構成により設定している当社標準評価額を目安としてご確認いただいたうえで、お客さまの家財の収容状況にあわせてご調整ください。

世帯主の年齢とご家族構成による、標準的な家財の再調達価格(新価)の目安

(単位:万円)

※左右に動かすことで、スライドさせることができます。

家族構成・
世帯主の
年齢
2名 3名 4名 5名 独身
世帯
夫婦
のみ
夫婦 夫婦 夫婦 夫婦 夫婦 夫婦 夫婦 夫婦 夫婦
- 小人
1名
- 小人
2名
小人
1名
- 小人
3名
小人
2名
小人
1名
-
- - 大人
1名
- 大人
1名
大人
2名
- 大人
1名
大人
2名
大人
3名
25歳前後
(含未満)
520 600 650 680 730 780 760 810 860 910 285
30歳前後 710 790 840 870 920 970 950 1,000 1,050 1,100
35歳前後 1,010 1,090 1,140 1,170 1,220 1,270 1,250 1,300 1,350 1,400
40歳前後 1,230 1,310 1,360 1,390 1,440 1,490 1,470 1,520 1,570 1,620
45歳前後 1,400 1,480 1,530 1,560 1,610 1,660 1,640 1,690 1,740 1,790
50歳前後
(含以上)
1,480 1,560 1,610 1,640 1,690 1,740 1,720 1,770 1,820 1,870
  • 上表にないご家族構成の場合は、大人(18歳以上):130万円、小人(18歳未満):80万円を加算した額が目安となります。
  • 貴金属等(1個・1組の価額が30万円を超えるもの)および明記物件については、上表の金額に含まれておりません。

建物について

「建物」の保険金額はどのように決めればいいですか?

保険の対象を新たに建築したり、再購入するのに必要な金額(再調達価額)を基準に評価し、その評価額の30%~100%の範囲内で保険金額を決めていただきます。十分な補償を受けるために評価額の100%を保険金額とされることをおすすめします。

建物評価については下記2つの方法があります。

年次別指数法

建築価額および建築年を基準に算出します。

新築費単価法

1m2あたりの所定の新築費単価を基準に算出します。

「オンラインお見積り」では、お客さまにご入力いただいた情報を基に評価額を自動計算いたしますが、実態にそぐわない場合等についてはお近くの当社事業所までご連絡ください。お見積り等のご対応をさせていただきます。

マンションを区分所有しています。建物に保険をかける場合、「上塗り」と「壁芯」のどちらを基準にして保険金額を決定すればいいのですか?

区分所有されているマンションの場合、共用部分とお客さまの専有部分との境界線がどこにひかれているかによって、建物に対して必要となってくる保険金額が異なります。
ですから、マンション管理組合規約などで、共用部分とお客さまの専有部分との境界線基準に「上塗り」もしくは「壁芯」のどちらが採用されているのかをご確認いただいたうえで、保険金額を設定していくことになります。

参考

参考

なお、「オンラインお見積り」では"上塗り基準"にて保険金額の目安を算出いたします。
"壁芯基準"での保険金額設定をご希望の場合は、お近くの当社事業所までご連絡ください。お見積り等のご対応をさせていただきます。

保険金額の設定について

再調達価額にあわせて保険金額を設定しました。保険の対象に損害が発生した場合、保険金は損害額分支払われますか?

再調達価額にあわせて保険金額を設定していただいた場合にお支払いする保険金は下記の通りです。
保険金=損害額-免責金額(所定の支払限度額が限度となる場合があります。)

火災保険には既に加入していますが、「セコム安心マイホーム保険」にも加入(複数契約)した場合、保険金はそれぞれの保険会社からどのように支払われますか?

再調達価額と保険金額の関係によって支払われる保険金の額は決まります。
例えば、再調達価額が2,000万円の建物に対して、既にご加入の火災保険の保険金額1,000万円で、新たに保険金額1,000万円でセコム安心マイホーム保険にご加入された場合に、建物が全損したときは2契約合わせて2,000万円の保険金が支払われることになります。
しかし、再調達価額が2,000万円の建物に対して、既にご加入の火災保険の保険金額1,000万円で、新たに保険金額2,000万円でセコム安心マイホーム保険にご加入された場合に、建物が全損したとしても2契約合わせても2,000万円しか支払われません。
再調達価額以上の補償はお受け取りいただくことができませんので、1,000万円分の保険料が無駄になってしまう可能性があります。